アルパイン 3351

アルパイン3351 フロントフェイス

90年代の雰囲気を醸し出すクラフィックイコライザー。
当時はホームオーディオにも同じようなイコライザーが装備されていました。
アルパインは3351,3347,3341といったグラフィックイコライザーが発売されており、年代も機能もよくわかりません。
アルパイン3351は11バンドのイコライザーであり、DSP機能は無い製品になっております。

アルパイン3351 背面

アルパイン3351の背面。

接続は下記と写真を参照
青色がサブウーファー出力
黄色がフロント出力
緑色がリア出力
他にステレオ・モノラルの切り替え等がある。

アルパイン3351 グリーンイルミ

当時のアルパインの象徴であるグリーンのイルミネーション。写真で見るより実際はもっと緑色です。
3351の下にあるのはソニーのアンプレスCDデッキCDX-C90。RCA入力できるので他社との接続も可能です。


アルパイン3351 レッドイルミ

イルミネーションはレッドにも切り替え可


アルパイン 3351 仕様

発売日・定価  不明


アルパイン3351 レビュー

11バンドのイコライザーですので音域の調節が可能です。DSPの機能はありません。
マッキントッシュMPM4000と異なり、RCAケーブルでの入力になるので、他のメーカーのヘッドユニット等、多彩な組み合わせが可能である。

アルパイン3351 チャート

イコライザーですので一通りの音質調整は可能。
今となってはスペアナ表示が斬新です。RCA入力なので取付は比較的ラクです。

Copyright (C) カーオーディオ保存委員会